学生インタビュー

看護学科

実習の回数を重ねるたびに自らの成長を実感。仲間や先生に支えられ、着実にスキルアップ

木谷 友香さん
保健医療学部 看護学科4年(滝川高校出身)

日本医療大学は高齢者施設が同一敷地内にあり、イベントなどで高齢者の方々と交流できるほか、地域の方とも関わる機会が豊富です。こうしたさまざまな人との交流を通じて看護師になるためのスキルを磨きたいと思い進学しました。これまででおもしろかった講義は健康教育論です。どうすれば健康管理に興味を持ってもらえるか、ワークシートを用いて動機付けの方法を考え友人と意見交換することで、学びを深められました。2年次の病院での基礎看護学実習は分からないことも多く大変でしたが、一番印象に残っています。仲間と励まし合い、先生方に助けていただきながら全力を尽くした分、終わった後は達成感に満ちあふれていました。こうした人とのつながりや温かさに支えられながら学べるところが日本医療大学の良いところだと実感しています。また、実習を重ねるごとに思いやりやコミュニケーション能力も備わり、患者さんの気持ちをくみ取ることができるようになりました。これからも常に主体的に学ぶ姿勢と向上心を忘れず、患者さんの日々の変化に気付ける観察力と確かな知識を身につけていきたいです。そして、将来は患者さんから信頼され、安心して身を預けてもらえるような看護師になりたいです。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

勉強や国際ボランティアなど、やりたいことをすべて実現。専門技術と人間力を磨き、社会に貢献していきたい

伊澤 琉奈さん
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻4年(帯広農業高校出身)

日本医療大学の「人間力を育む」という教育方針が心に響き、オープンキャンパスに参加しました。学内の明るい雰囲気や真剣に学ぶ先輩の姿、少人数で学科全体の仲が良く、国家試験対策や就職支援体制が充実している点などが入学の決め手になりました。猛勉強して覚えた解剖学の基礎知識、尊い命に関わる責任を自覚したご遺体の解剖見学、自分自身の未熟さと必要な学びを痛感した実習、ネパールの病院・施設を訪問して経済発展と人間の幸福について考えたサークル活動など、4年間の学びと経験のすべてが大切な財産です。
日本医療大学は安心できる「家」のような場所です。学年を越えた深い絆があり、学生を応援してくれる先生方がいて、やりたいことに挑戦できる環境があります。私は大学でやりたかったことをすべて実現できました。今後は患者さんやご家族の思いを理解し、必要なケアを提供できる「人間力を備えた理学療法士」を目指して、臨床実習や国家試験に全力で取り組むつもりです。将来は大学院進学も視野に入れ、医療人としての技術と経験を生かし、日本や発展途上国のために貢献できる事業を立ち上げることが目標です。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

実績と経験豊かな先生の指導のもと、特化したスキルを持つ作業療法士を目指します

菊池 汰一さん
保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻4年(恵庭北高校出身)

看護師として働く2人の姉の影響で、医療の仕事に興味を持ちました。日本医療大学のオープンキャンパスに参加し、作業療法学の世界で実績を持つ著名な先生が多いと知り、ここなら恵まれた環境で学べると感じました。日本医療大学は先生とコミュニケーションが取りやすく、現場経験に基づく指導がやる気を高めてくれます。学年を越えた交流も盛んで、先輩の姿を見て自分自身の将来を考えることも少なくありません。学内行事でも大いに盛り上がり、体育大会のバスケ部門でMVPを取ったことは忘れられない思い出です。
日々の学びをしっかりと身につけるために、一つひとつの講義に集中し、先生が伝えようとしていることを聞き漏らさないようにしています。そして実習は、講義だけでは分からないことを肌で学べます。3年次には精神科での実習を経験し、「食べる」「服を着る」などの日常動作が難しい患者さんを担当したのですが、今まで当たり前に行っていた動作について改めて考え直すきっかけになりました。自分だけの特化したスキルを持つ立派な作業療法士を目指して、まずは国家試験に合格するために全力を注ぎたいと思っています。

診療放射線学科

患者さんの気持ちや痛みに寄り添える、そんな診療放射線技師になるのが目標です

樋口 裕太さん
保健医療学部 診療放射線学科4年(札幌啓成高校出身)

「人を助ける仕事がしたい」と医療の道を志したのは高校3年生の時です。「医療と福祉の現場から誕生した日本医療大学」というキャッチフレーズを見て、ここでなら専門知識や技術を修得しながら、患者さんの思いや心の痛みが分かる診療放射線技師を目指せると感じ入学を決めました。講義で一番面白いのは実験で、本物の放射線機器を操作することにより理解が深まり、座学だけでは得られない高度な知識が身につきます。3年間で特に印象に残っているのは臨床実習です。実際の現場に立ち、診療放射線技師の役割や一日の流れ、患者さんによって適切な対応がそれぞれ異なることなどを学びました。また、自分自身の未熟さや知識不足も痛感し、一層勉強にも力が入るようになりました。普段は講義中ノートに書き留めたことを、その日のうちに自宅できれいに分かりやすくまとめるよう心掛けています。これは自分自身の理解度を確認する上でも大切な作業です。私が理想とするのは、患者さんを第一に考え、周りから頼りにされる、笑顔が素敵な診療放射線技師です。そのためにも国家試験合格を目標に、月1回の模擬試験で自分の弱点を見つけ、一つひとつ確実に克服していきたいです。

PAGE TOP