卒業生からのメッセージ

看護学科

社会医療法人柏葉会 柏葉脳神経外科 看護師
徳野 沙帆さん(石狩南高校出身)

実習で患者さんに接し、脳神経外科の医療の道へ。日々回復していく様子が、看護師としての喜びです

高校時代、当初は養護教諭になりたいと考えていたのですが、いろいろと勉強を進めるうちに医療系の職種に興味を抱き、看護師を志すようになりました。
大学の実習では、実際に患者さんと関わり、家に帰って復習を繰り返し、知識を身につけていきました。実習の場で培ったコミュニケーション能力は、今の職場でも役立っていると思います。また、国家試験対策では、大学での勉強会や試験対策の資料など手厚いサポートを受けられ、友人たちと情報交換しながら勉強に打ち込み、合格することができました。
脳神経外科を選んだのは、在学中の実習で障がいのある患者さんを受け持ち、興味を持ったためです。現在勤務している病院は、患者さんの状態によって、急性期、亜急性期、回復期に病棟が分かれ、私は比較的病状が安定している亜急性期病棟を担当しています。日々、患者さんと接し、リハビリテーションを重ねるうちに、患っている方々が少しずつ回復していく様子を目の当たりにすると、喜びややりがいを感じます。看護師は人と人とが関わる仕事ですので、日頃から笑顔でいること、患者さんにお声掛けすることを大切にしています。
看護師として働き始めて2年目、ともに学んだ仲間とは今も情報交換したり、専門知識を共有したり、切磋琢磨し合える大切な存在で、仕事の励みになっています。将来の目標はまだ明確に決められていませんが、できるだけ患者さんと多くの時間をともにし、患者さんのためになる看護師として医療に携わっていきたいと思います。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

社会医療法人仁陽会 西岡第一病院 理学療法士
川島 有紀子さん(駒澤大学附属苫小牧高校出身)

手厚いサポートのもと、競技と勉強を両立。大学で学んだ基本が現場で役に立っています

小学校1年生からアイスホッケーを始め、高校時代には世界選手権に出場しました。しかし高校3年生の夏、ケガで日本代表選考から外れてしまいました。そこで「将来競技をやめた後もアスリートとしての経験を生かせる職業はないか」と考え始め、当時お世話になっていたトレーナーのアドバイスで理学療法士を志すようになりました。
大学入学後は日本代表チームの指定強化選手として競技と勉強に追われる日々でした。1期生で学生数が少なかったので先生方との距離が近く、些細なことでも気軽に相談できる雰囲気があり、安心して学生生活を送ることができました。4年次から始まる国家試験対策も手厚いサポートが受けられ、切磋琢磨し合える仲間とともに勉強に打ち込み、合格を果たすことができました。
現在の職場はスポーツ整形に力を入れており、私は術後の患者さんのROM訓練や個別トレーニング指導を行っています。学生時代に実習を経験したとはいえ、現場ではわからないことだらけです。自ら患者さんを受け持つようになり、一人ひとりに合った指導を行うために勉強しなければいけないことも見えてきました。同時に、大学で学んだ基本的な解剖学や生理学の知識が現場で最も役に立つことを改めて実感しています。
理学療法士としてのキャリアはまだ始まったばかりです。大学や現場での学び、アスリートとしての経験を糧にして、「この人に担当してもらえてよかった」と感じていただけるセラピストになりたいと思っています。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

医療法人ひまわり会 札樽病院 作業療法士
古川 嵩空さん(北見柏陽高校出身)

臨床経験豊富な先生に恵まれた4年間。誰もが元気に暮らせる地域づくりが目標です

高校時代に病院の職場見学を体験し、医療の中でも患者さんの生活に深く関わる作業療法士に興味を持ちました。進学に向けて複数校のオープンキャンパスに参加しましたが、一番温かい雰囲気だったのが日本医療大学でした。ここなら、前向きに勉強に取り組めると確信しました。
入学後は臨床経験豊富な先生に恵まれ、充実した学生生活を送ることができました。著名な先生でも気さくに話せる雰囲気があり、高度な技術や現場の経験談を惜しみなく伝授してもらいました。在学中はもちろん、今でも相談に乗ってもらっています。
現在は脳血管障害や整形外科などの患者さんを対象に、回復期のリバビリテーションを担当しています。作業療法士の使命は、患者さんが望む作業を行えるように支援することです。そのためにも患者さん自身が主体的に取り組めるようなサポートを心がけています。高齢の患者さんの場合、退院後の生活を支えるご家族のケアも重要な課題です。医師やソーシャルワーカーと連携し、チーム医療の視点からより良い提案を行うためには、まだまだ勉強が必要だと感じています。
今後はさらに自己研鑽して知識や技術を深め、病院だけではなく地域の人々の健康を支えていきたいです。多くの人がいきいきと自分らしい生活を楽しめるよう、認知症予防も踏まえた地域リハビリテーションに寄与できればと願っています。

診療放射線学科

北海道大学大学院 医理工学院 量子医理工学コース 臨床医学物理学分野
後藤 大地さん(札幌厚別高校出身)

最先端の治療技術など医学物理学を研究し、医学物理士として放射線治療に携わりたい

現在は北海道大学大学院医理工学院に進学し、主にがんの放射線治療や画像診断に関係する医学、理学、工学について学び、新たな治療技術や診断機器についての研究・開発を行っています。大学3年生の時に、放射線を用いた医療が適切に実施されるよう、医学物理学の専門家として貢献する「医学物理士」という資格を知り、これを取得することでより深く放射線治療業務に携わることができると考え、医学物理学について学べる医理工学院を志望しました。大学院には国内外の多彩な研究分野出身の先生・学生が在籍し、さまざまな分野に知識を広げられるのが大きな特徴。私が所属する分野では実際に北海道大学病院に勤務されている現役の医学物理士の方が指導し、強度変調放射線治療や動体追跡放射線治療など最先端の治療法や治療計画の作成方法について学んでいます。大学在学中に学んだ放射線物理学実験や診療画像技術学実験がためになり、レポートの基本的な書き方や、診療放射線技師が行う業務がどのような物理現象をもとに成り立っているのかを理解できました。また、3年次、4年次に行われた臨床実習も印象深く、実際に放射線治療の治療計画作成を体験でき、将来の進路を決めるきっかけになる体験もできました。大学院では、日本医学物理学会などの大きな学会で発表できるレベルの論文をまとめ、発表することが目標の一つ。将来的には、放射線治療専門放射線技師や放射線治療品質管理士など医学物理士以外の専門的な資格も取得し、放射線治療分野の最前線で働きたいと思います。

PAGE TOP