日本医療大学の7つの特色

3つの地下鉄駅の徒歩圏内

日本医療大学の月寒本キャンパスは、最寄りの地下鉄駅から札幌中心部にある大通駅まで約10分。
2路線・3つの駅から徒歩圏内で通える好アクセスな環境にあります。

学生ファーストの学修環境

日本医療大学はいつでも学生の声に耳を傾け、全員が満足できる学修環境、キャリア形成、キャンパスライフを目指し、
教職員が一丸となって運営と改革に取り組んでいます。

医療と福祉の現場を併設

月寒本キャンパスは北海道で初めて同一敷地内に「日本医療大学病院」と「介護老人保健施設」を有し、
医療と福祉のリアルな現場を間近に学修できる環境が整備されています。

●介護⽼⼈保健施設 ⽇本医療⼤学リハビリ
敷地内に介護⽼⼈保健施設 ⽇本医療⼤学リハビリと看護⼩規模多機能型居宅介護が併設。介護⽼⼈保健施設 ⽇本医療⼤学リハビリでは、⼊所者が有する能⼒に応じて⾃⽴した⽣活を営むことが出来るように⽀援します。看護⼩規模多機能型居宅介護では、病院を退院後、通い・泊まり・訪問の3つの機能を持たせたサービスを⾏います。なかなか在宅復帰が難しかった⾼齢の⽅々が「住み慣れた地域で安⼼して普通に暮らす」ことを⽀援します。
●⽇本医療⼤学病院
新キャンパス敷地内に新築移転する⽇本医療⼤学病院では、これまで以上に地域を愛し、皆様から愛され、必要とされる医療施設を⽬指します。診療科⽬
は、⼀般内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・リハビリテーション科。専⾨外来としては「もの忘れ外来」と、⼤学での学びや研究とリンクすることで、学⽣は「医療と福祉」の実際の現場を⾝近に感じながら実習やチーム医療を学修する環境が充実します。

多学科連携によるチーム医療の実践

日本医療大学では異なる専門職を目指す5学科の連携授業や、併設施設との連携実習等により、
医療・福祉の現場で欠かせないチーム医療を実践的に学修することができます。

※設置計画は現在認可申請中。設置計画は予定であり、変更となる場合があります。

医療の現場が求める専門人材の育成

保健医療学部

※設置計画は現在認可申請中。設置計画は予定であり、変更となる場合があります。

全国平均を上回る国家試験合格率

日本医療大学は一人一人の国家試験合格を徹底サポート。
2019年度は、国家試験に挑戦した学科すべてにおいて、合格率が全国平均を上回る高い実績を残しています。
(2019年度卒業生)

充実のグループネットワーク

日本医療大学は「つしま医療福祉グループ」が運営しており、広く福祉介護サービスを展開するグループの強みを生かし、
社会に愛され、世界に通じる人材を育成しています。

PAGE TOP