リハビリテーション学科 作業療法学専攻

人の身体と心を理解し、自立した生活を支える

作業療法士の使命は、疾病や障がいのある方たちが、
地域や家庭でそれぞれの役割を果たせる生活に少しでも早く戻っていただくことです。
生活することは、身体活動だけではなく、心理面や、社会的能力の回復も重要です。
したがって、幅広い知性と豊かな感性を育む教育が必要となります。
本専攻では、多分野で豊富な臨床経験をもつ専任教員が、最新の知識と技術をリアルタイムに学生に伝え、
社会のニーズに応える人材を養います。

作業療法士の仕事

作業療法士(OT:Occupational Therapist)は、病院や施設でのリハビリにとどまらず、発達障がいのある子どもの生活や学習環境へのサポート、退院後に自宅や社会生活を円滑にするための訪問リハビリ、障がいのある方の復職サポート、認知症の方や高齢者が健康で安心した生活を長く営めるよう通いの場での生活サポートなど多岐にわたります。また、これらのサポートをOT自らが起業し運営することも増えています。

取得可能な資格
●作業療法士国家試験受験資格
卒業後の学位
●学士 (大学卒業学位 リハビリテーション学)

リハビリテーション学科 作業療法学専攻の主な授業

講義・演習

運動学Ⅱ/専門基礎教育科目
運動を動作という見地から総合的に解析。特に基本的な「座る」、「立つ」、「歩く」動作を学び、正常と異常を検討し、さまざまな動作における分析の基礎を学びます。
作業療法評価学演習(骨・関節系)/専門教育科目
作業療法で行う関節の可動性を測定する技術を学びます。骨折などで関節の可動性が低下したときに行う検査で、学生同士で実際に確認しながら行います。
身体障害作業治療学(中枢神経障がい系)/専門教育科目
身体障がい領域の対象となる疾患と患者さんを学びます。具体的な介入手段や基本的知識、技術を学びます。実際の患者さんをイメージしながらさまざまな疾患を学修します。
PAGE TOP